オモリグ、スピニング、ラインシステムの考察(中オモリ式エギング、ケンサキイカ、シロイカ、マイカ)

中おもり式エギング、通称オモリグのスピニングタックルシステムについて考えていきます。
潮の速い海域、もしくはアンカー落として潮をモロに受ける場合に有効な釣り方です。
15~30号など重いシンカーを使います。

特に鳥取の遊漁船では、頻度が高めでよく使われる。
最近は、周辺の海域でも採用する釣り人が多いです。

なかなか浮いてこない大物、大剣(ダイケン)を狙いやすい。

手巻きリールのケンサキイカの釣りでは、比較的難易度は高く感じます。

リーダー長さが、この釣りを簡単にするポイント

リーダー長さを正確に設定することで、オモリグ釣法の難易度が下がります。

結論から言うと、

(1)穂先~リールの長さが「リーダーの長さ」
(2)先糸の最長は、「リーダー長さ」-「エギ長さ」

が基準になると、いまのところ考えています。

以下で詳しく解説します。

オモリグタックル スピニング

オモリグ スピニングタックル

まずオモリグスピニングタックルの説明から。

ロッド

最近は専用のものが低価格から選択可能なので、これらを選ぶのが無難です。
一つテンヤマダイなどで代用する場合も、専用ロッドの長さ、柔らかさを基準に選ぶのがよさそう。

ロッドは30号オモリ+エギがしゃくれて、投げれて、繊細なアタリも取れるティップという無理難題な要求なので、恐らく、いずれのロッドも破損しやすいでしょう。注意が必要。

・カンジ
・メジャークラフト
・墨族
ほかにも、色々出てきました。

特に初心者向けの代用ロッドはジギングロッドが最適かもしれません。
アタリを取って掛ける釣りになりますが、まずシャクリができていないと話にならない。
アタリが出やすい柔らかいロッドで、中おもりの先にあるエギを動かすのは、最初は上手くいかないはずです。
だから、初心者は硬いロッドでシャクリを優先したほうが釣果が良くなり楽しめると思います。

リール

陸っぱりエギング用の軽くて華奢なリールだと、使いにくいです。

30号シンカー+エギを動かすことになるので、ジギング並の負荷です。
エギング用リールで無理矢理シャクっていると、すぐにハンドルがガタガタになりリールがもったいないです。
軽さより強度が重視されたリールがいいと思います。
シマノ4000番のライトジギング用とかを使っても全然大げさではないです。

SHIMANO STRADIC SW 4000XG

仕掛け(あくまでトラブル回避を重視したパターン)

本題です。

ラインシステムはざっくりと言うと。

PE本線 – FGノット – フロロカーボンリーダー – 三叉サルカン – 先糸ホンテロン – エギスナップ

 

(1)穂先~リールの長さが「リーダーの長さ」
キャスト時のガイドへの糸絡みを防ぐため、PEとリーダーとのノットは、リールに巻き込まない設定にしています。
つまり、穂先からリールまでの長さがリーダー長ということです。

PEは0.6号ぐらいが無難、0.4~0.8号の範囲で使っている人が多そうです。
リーダー太さは、PEの強度に合わせる。
(例)
PE0.5 + フロロ2号
PE0.6 + フロロ2.5号
PE0.8 + フロロ3号

カンジ イカメタル オモリグ スナップ付きサルカン

リーダーの先に三叉サルカンをつけます。
これも専用のサルカンが売ってます。
カンジのやつは、釣具屋のオモリグのコーナーに大抵は置いています。
シンプルで糸絡みもしないので、いつもこれを使っています。

スーパーホンテロン GP

先糸の素材はフロロかホンテロンを使います。
ホンテロンはエギのカンナと絡まってぐちゃぐちゃになっても、親指の爪と人差し指の腹に挟んで強くシゴケばまっすぐに戻るという特性があります。
キャストすると着水時の仕掛けの位置で、絡みが発生するケースが出てくるので、ここからの復旧が早くなるというわけです。
先糸が傷んでたるみが多くなると、アタリをキャッチしにくくなるので、フロロだと先糸を新品交換という手間になります。

ひどい絡みが発生しなくても、たまにシゴイてまっすぐにしてやると、アタリが出やすくなります。

(2)先糸の最長は、「リーダー長さ」-「エギ長さ」です
先糸の長さは、エギのカンナがPEに触れないというのが条件です。
カンナがPEに絡むと、ラインシステムはほぼ一発アウトです。
先糸の最長は、「リーダー長さ」-「エギ長さ」
というわけです。

例えば、リーダー長さが1.7mだと、先糸ホンテロンの最長設定は1.5mになります。

これ以上、先糸ホンテロンを長くすることもできますが、前述のカンナとPEの絡みが発生するリスクを容認した上でとなります。

実際は、先糸の長さは、50cmから2~3mぐらいのケースが多いです。
先糸は長めのほうが、エギは本来の自然なアクションに近く、警戒も少ないかと思います。
それでも短いメリットが強く出る場合もあります。

先糸を短くするメリット

先糸が短いとたるみにくくなる。
つまり、アタリがわかりやすい、早くわかるということです。
オモリグは潮の状況や釣り人の経験によって、先糸がたるみがちですが、これではアタリがわからず釣果が上がりません。先糸がたるみっぱなしだと、なかなか釣れません。
潮が早いときは、先糸を長めにしても、たるみにくくなります。

先糸が短いとシャクリやすいです。
特に初心者で、2m以上に設定していると、全くエギが動いていないと思います。1m以下から始めた方がいいです。

ベタ底で有利

イカが浮いてこないどころか、数メートルも上がってこないときがあります。
鉛スッテで底を叩きながら誘って、ようやく喰ってくるような展開です。
こういうときはオモリグで長い先糸をつかっていると、まずエギが沈下するのに時間がかかるので不利。
そもそもエギを上方に跳ね上げてアクションさせるので、ベタ底で誘うというのがやりにくい。
オモリグの先糸を50cmぐらいに短くすると、ベタ底で途端に釣果が伸びる場合があります。

あと、投げやすい
これは言うまでもないですね。

タイトルとURLをコピーしました